医療現場で働く人

医療現場で働く人

医療現場で働く人は、医療行為だけではなく、患者さんとの対話や少しでも患者さんが精神的に楽になれるような言葉の掛け方が必要になってきます。
本来は医師にさまざまなことを相談したいと思いますが、医師もたくさんの患者さんを抱えているので、ひとりひとりの相談に乗ったり対話する時間というのはあまりありません。医師にとって一番しなければならないのが、病気を治すことなのですから。
そのことでもやもやとしている医師もいるとは聞きます。

 

実は、患者さんが一番話をする機会が多いのが、看護師です。一番患者さんと身近ですし、医療そのものに付いても医師には及ばなくとも知識はあるので、患者側もついつい相談してしまいます。
特に、入院病棟の看護師は死期が近い患者さんとその家族と接するのでとても大変です。
そして、病気が発見されたことで自暴自棄になっている患者さんとも上手に接することが要求されます。

 

看護師や医療に携わる人の中には、みずから必要と思って心理カウンセラーの講座を勉強されている方がかなり多くいます。
やはり、心理学の知識がないと上手に対応ができるか自信が無いということから勉強されているようです。
忙しい毎日の中で、勉強する時間を作っている皆さんには尊敬します。