管理職の人

管理職の人

会社の管理職の人も悩みは尽きません。
日頃の業務についての悩みから、部下に対する悩み、どう指導すべきかも悩むところです。
管理者と言っても、管理者側の方が年下ということもあるので、年上の部下には一番神経を遣います。
しかし、指摘するとこは指摘し、指導もしなければなりません。
やはり悩みは尽きないでしょう。

 

そして管理者となれば、転勤も常にあると言えるので、すぐに新しいメンバーと仕事をしていくことになります。
人間関係を一から作るのはかなりストレスという人もいるでしょう。

 

社員同士が集う飲み会では、日頃本音を言えなかった部下も酒の勢いもあって、悩みを相談して来たりします。
それが仕事のことであれば、当たり前に対応もアドバイスもするのですが、酒の勢いでプライベートの相談をされることもあるでしょう。
しかし、それも信頼されてからこそですから、それ相当のアドバイスは必要だと言えます。
そんなこんなで、会社の管理者となれば悩みが山積みです。

 

さらに、仕事内容の差こそあれ、ノルマや成績を追求されるような職種の場合はさらなるプレッシャーもあるでしょう。
管理者となれば、子供の思春期だったりと、一番悩みの多い時期でもあるのです。
ですから、すべてを抱え込んでうつやストレス障害にならないためにも、心理カウンセラーの講座を時間のあるときに学んでみるのもいいでしょう。
きっと、こころが軽くなります。部下のためでもあるのですが、一番は自分がストレスに押しつぶされないためにお勧めしたいと思います。